2006年 09月 21日

曼珠沙華(彼岸花)

c0083210_19434912.jpg


 お昼休みに散歩していて会社の敷地内で見つけた。こどもの頃綺麗だから母が喜ぶと思ってたくさん摘んでくると凄く怒られた「家が火事になるよ。すぐに捨てておいで」と言われた。どうしてこんなに綺麗な花が嫌われるのか不思議だった。地元では折るとすごい臭いがして「手腐れ」とも言っていた。今はただ綺麗と思うだけ・・・
P.S.  フランスでは「天上に咲く花」というらしい。空輸されたのを生け花に使用したことがあります。輸入花は「ダイアモンドリリー」他に「リコリス」

by odamaki719 | 2006-09-21 19:43 | 花類 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://odamaki719.exblog.jp/tb/4597587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by high2high2 at 2006-09-22 01:40 x
こ〜なるんですね〜.きれいですよね〜、意味がわかっていたら・・・意外と撮らないモノってあるよね〜.タブーとか!でも僕も知らないから・・・きれいなモノにはきれいと言える!小生、常識はずれかも・・・・(笑)
Commented by henryworld at 2006-09-22 13:56
odamakiさん、そうなんですよね、被写体としては大変好きな花なの
ですが、厳密には有毒植物なのですね、“綺麗な花には毒がある”の
例えでしょうか?
Commented by odamaki719 at 2006-09-22 20:17
henryさん 曼珠沙華は秋の彼岸花にだけ言うようですね。でも彼岸花とはよく言ったもので本当にきちんとお彼岸に咲きますものね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 続・淡路夢舞台「奇跡の星の植物館」      淡路夢舞台「奇跡の星の植物館」 >>